いじめられている中学生に向けて昔いじめられていた塾の先生がいじめの理由と解決策を伝授します

いじめ

アクセスいただきありがとうございます。塾の先生をやっている講師Tです。

中学校でいじめられてて、先が見えなくて、辛い

中学校でLINEのグループ外されてて、影で自分の悪口言うためだけのグループあるみたいで辛い

中学校で悪いやつに目を付けられていつもいたずらされている

中学校でのいじめが酷すぎてもう死にたい

このように辛い気持ちで過ごされている中学生も少なくない数いるのではないでしょうか?

今回は、昔いじめられていて、それでも生きて今はなんとか大人にまでなった私が、皆さんに向けて熱いエールを送りたいと思います。

この記事を読めば、なんとか生きていじめを切り抜ける方法がわかり、生き延びる気持ちが湧いてきます

小学校・中学校と事あるごとにいじめられ、悪いやつに目を付けられ、そいつらを見返してやろうと勉強を頑張って早稲田・慶應大学のどちらかに入り、そういった人間たちとは違うレベルに到達したかと思いきや、大人になって会社員として働いたり、塾で先生として働いていても、多かれ少なかれいまだに他の大人からいじめられたり喧嘩を売られたりしている講師Tこと私が今回も解説します。

なぜあなたはいじめられる存在になってしまったのか? その理由

究極的には、あなたがいじめられる理由などありません。

ですが、今回なぜあなたがたまたまいじめられる対象になってしまったのか? 思い当たる理由はいくつかあります。

例えば、集団の中で浮くような行動をしてしまったりだとか、一人だけ成績が抜群に良いだとか、一人だけものすごく金持ちだとか、といったようなことです。

本当にくだらない理由ですね。

でも、これらには共通点があります。とにかくいじめている側はあなたのことをかなり不快に感じていて、あなたをいじめることまでしないと気が済まない、ということです。

私も昔、小学生の頃に2年くらい壮絶にいじめられたことがあったのですけれども、いじめを抜けきった後でいじめる側の主犯が「お前が俺のこと悪口言ったのが最初だったんだよ。だから俺はやり返してやろうと思ったんだ」と言っていて、でも私はその発言を覚えていませんでした。

意外と、自分の側が大して意識もしていなくて行動したことが、いじめる側の人間の大事な心のプライドを踏みにじってしまったからいじめられるようになってしまった、ということは多いのかもしれません。

これは冷静に考えてみればわかると思います。

本当にどうでもいいことに関しては、人間はどうでもいいので無視します。

どうでも良くなくて自分がムカついて許せないことに関しては無視せず全力で攻撃してきます

それがいじめる側にとっては、今のあなた、なのかもしれません。

いじめを切り抜ける方法

自分が悪くない、という発想を一旦捨ててみて、「何で私が悪かったのでしょうか?」と聞いてみるのもいいかもしれません。意外と素直に「あの時お前がこうだったから…」という話が出てくれば、それに関して全力で1週間くらい謝り倒せば済むかもしれません。

ではそれでもいじめが解決できなかったらどうすれば良いでしょうか?

二つ方法があります。

①無視して学校は不登校になって卒業をおとなしく待つ

②相手をボコボコにして病院送りにする

①が現実的かと思いますが、しかし私はここであえて②をおすすめします。一度くらい人をボコボコに倒してみましょう。すると、意外と相手の力も大したことがないし、自分にも人をボコボコにすることができる、ということがわかると思います。道具を使うと簡単です。するとあなたが今度はボスになり、相手はあなたの手下になります。

人間も猿と同じで嫌いな相手がいたらすぐ威嚇するし、大人になっても善人のふりをして他人をいじめている汚い大人はたくさんいるので、そんな人たちのことは無視するかボコボコにして強く生きよ

あなたが今のいじめを切り抜けて大人になった時、会社で働いていても、ツイッターやユーチューブで楽しく情報発信していても、なぜかあなたに突っかかってくる人が出てくると思います。子供時代と同じですね。クソリプとか呼ばれる例のやつです。

なぜそのようなことを相手がするかというと、相手があなたに対して不快に感じることがあったからです。でもそんなことをいちいち気にしているようでは何もできません。そういった人たちに嫌われるのを恐れていても仕方ありません。とにかく強く生きましょう。そして本格的にあなたの人生を邪魔してくるようであれば、全力でボコボコにしにいきましょう。大人同士の喧嘩では弁護士様を呼ぶことになり値段は少々高いですが、まぁ仕方ないですね。どうしても守らなければならないことがあって、それでも相手が攻撃を仕掛けてくる時は、こちらとしても相手をボコボコにするまでは引き下がれませんから。

まとめ

今回はいじめられている中学生に向けてエールを送りました。

結論としては、まずは相手に謝ってみる。それでもダメであれば無視するかキレて相手をボコボコにしていじめを解決しよう! でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました