文系と理系どっちが楽か/得かといった話から文理選択のアドバイスを早慶卒塾講師がします

大学受験の知識

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

文系と理系ってどっちが得なの?

文系と理系選べないんだけど、とりあえず楽そうだから文系を選ぶのはあり?

文系と理系ってどっちがこれから将来性ある?

文系より理系の方が楽なの?

こういった疑問を抱かれている高校生は少なくないのではないでしょうか?

今回はこういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、文系と理系どっちが楽か、将来どっちが得でおいしいのか、わかります。

早慶卒で大手IT企業で文系と理系両方のサラリーマンの働き方を見た後に、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経験してきた講師Tこと私の意見を今回は述べたいと思います。

文系と理系はどっちが楽?/大学時代/大学を卒業した後

文系と理系はどっちが楽か?

この疑問は大抵「文系が楽」ということで勝負がつく場合が多いですが、私は単純にそうとは思えません。

ちなみに、読者であるあなたにフェアに判断してもらうために、私が文系であることを先にお伝えしておきます。

確かに、大学時代だけで言えば理系の方が一般的には勉強量が多くなるかもしれません。実験や論文執筆に追われている印象も理系の方が強いです。

そして、文系に関して言えばサークルで遊んでばかり、といった印象はありますね。

しかし、その後の就職活動のことを考えると、分野にもよりますが、理系の方が楽に決まることが多いと感じています。

理系の場合、研究している分野に関する仕事につく場合が多いですね。特定の分野の研究をしていてスキルがあるから、そういったスキルがある学生が欲しい会社がその学生を雇う、といった感じです。非常にシンプルですし、就職も決まりやすいです。

一方で文系の就職活動は、大抵が営業職につくために活動することになります。

そして営業職でどれだけ活躍できるかどうか、といった能力は、面接だけで見抜くことは非常に難しいものです。

ですから、文系の就職活動がうまくいくかどうかは、能力以外の人柄や、運といったものに左右されがちになるのです。

あなたを雇う会社において、あなたが活躍して、実際に会社のためにお金を稼げて貢献できる人材になれるかどうかは、あなたが実際に仕事をしてみないとわからないことが多いです。

ですから、文系の就職活動は結構その日の面接官の気分とか好き嫌いで決まってしまいます。すると、緊張しがちな人だったり、あまり人と話すのが上手でない人は、就職がいつまでも決まらない、といったことになるのです。

結果的に、文系の就職活動はいくら能力がある人(英語がペラペラだとかスポーツで全国制覇してるだとか)であっても、理系よりも長引くことが多いのです。

就職活動ということを考えた時には、文系より理系の方が楽、と言えそうですね。

そして大学を卒業した後の話です。

大学を卒業した後、文系と理系どちらが楽か、というのは、もはや判断できません。

あなたがどういった仕事に就くかでしかありません。

例えば文系で官僚になった場合は、官僚は激務で睡眠時間が少ないことでよく知られていますので、決して楽はできないでしょう。

理系で普通にメーカーの研究職として就職したとしても、土日の休みも研究に関する勉強に勤しまなければならないでしょう。

そういった意味で、社会に出てからは、もはや文系が楽か理系が楽かといった議論に意味はないと言えそうです。

文系と理系はどっちが得?という話から文理選択のアドバイスまで

次は文系と理系はどっちが得か?というお話です。

大学時代は、確かに文系の方が楽に単位を取得できたり勉強量が少なくても大丈夫だったりして文系が得かもしれません。

大学を卒業した後は、先ほどの議論と同じように、文系と理系どちらが得かというのはもはや判断できません。

そもそも文系と理系はどちらが得か、といった軸で文理選択をしない方がいいです。

あくまであなたが勉強したかったり、興味のあることが文系なのか、理系なのかで決めましょう。

文系は卒業しても仕事がない、とはよく言われることですが、決してそんなことはありません。最近ですとYouTuberだったりwebサイトのライターだったりweb広告の営業職だったりと、インターネット関連の文系の仕事が増えてきています。伝統的な文系の仕事以外にも、文系の活躍の場は広がり続けています。管理人であり塾講師の私と近い職業で言えば、インターネット上の塾講師(スタディサプリ等)や家庭教師の仕事も出てきていますしね。

もちろん、理系の仕事もIT関係を中心に新しい仕事がどんどん生まれてきていますよね。AIのエンジニアだったり、IOT関連のハードウェアを設計する人だったり。

つまり、文系の学部を卒業しても仕事がないというのも幻想です。

また、理系だからといってずっと仕事が安泰かというと、必ずしもそうでもありません。

あなたが大学で研究した分野が、企業から人気のない分野であれば、そもそも就職もできないかもしれませんし、その分野の研究が企業から必要とされなくなれば、いきなりリストラされることだってありえます。

ですから大事なことは、あなたが何を好きな人間なのか、ということです。

それを十分に見極めて、文理選択を決定しましょう。

まとめ

今回は文系と理系どっちが楽か/得かという話から文理選択のアドバイスをしました。

結論としては、あなたが何を好きなのか、何に興味があるのか、で文理選択を決めましょう、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました