高校受験は塾なしで通信教育だけ(進研ゼミだけ/Z会だけ/スタディサプリだけ)で大丈夫?

中学生の塾選び

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

部活が激しくて塾に行けないけど通信教育だけで大丈夫かどうか不安

通信教育はどれがいいの?

高校受験の通信教育は結局どれがおすすめなの?

こういった疑問をお持ちの中学生の保護者様は少なくないのではないでしょうか?

今回はそういった疑問にお答えします。

この記事を読めば、通信教育だけでご自身のお子様の高校受験は大丈夫なのか? 通信教育を使うとすればどう活用すればいいのか? わかるようになります。

早慶学部卒で大手IT企業の営業を経験した後、個別指導塾講師/地域の小規模塾講師/大手進学塾講師/大手進学塾スタッフを経験した管理人の講師Tこと私が、フラットかつフェアな視点から個別指導塾選びのポイントをお伝えします。

今回も東京大学の教授で脳科学が専門でいらっしゃる池谷裕二先生が書かれたベストセラー本である『受験脳の作り方』を一部ベースにして記事を書きました。

高校受験は塾なしで通信教育(進研ゼミ/Z会/スタディサプリ)や参考書を使った自主学習だけで難関高校に受かるのか?

結論から申し上げますと、受かる子は受かるし、受からない子は受からないです。

通信教育や自主学習だけでも受かるお子様というのは「勉強が好きで自主的に勉強し続けることができるモチベーションがあるお子様」です。そういったお子様であれば、塾を使わずとも難関高校に受かる可能性はあるでしょう。ですが、もちろん大事な問題や難しい問題のコツに関して講師に質問することはできませんし、自習室を使うこともできません。受験をする時に一緒に頑張ろうと思える仲間もいません。

ですから、本気で難関高校に受かりたいと思われる方は大手進学塾(栄光ゼミナール/STEP/市進学院/早稲田アカデミー/学研教室/佐鳴予備校/Z会進学教室/駿台中学部/河合塾wings/SAPIX中学部等)に行くべきでしょう。

たとえ難関校を目指されているとしても、「うちの子は自分で勉強できるし、全国模試でも偏差値70以上を常にキープできているから大丈夫」と思われる方は通信教育だけでも大丈夫です。だいたい難関高校や難関大学に行かれる方の中に何割かはそういったお子様がいらっしゃいます。

また、「実力よりもちょっとレベルが高い高校や、地域の公立二番手校以下の高校に行ければ良い」と思われている方も、通信教育だけで大丈夫です。

塾が必要なのは、やはり最難関高校を目指しているお子様です。それ以外のお子様には、必ずしも必要とは言えないでしょう。使い方次第です。

中学生に塾が必要かどうかは、以下の記事もご覧ください。

通信教育の一番良い使い方とおすすめの通信教育サービス(進研ゼミ/Z会/スタディサプリ)

結論から申し上げますと、

通信教育は「学習量の確保」と「苦手なところの復習」に使うのが一番いいと思います。

勉強の基本は、以前の記事でも申し上げました通り、「何度も同じことを繰り返しやる」ということです。その基本を考えたときに、学校の授業と宿題だけの学習量では、難関高校受験にはちょっと足りません。そういったところで、通信教育を使ってしっかりと「学習量を確保」するというのがいいかと思います。ちなみに、大手塾で生徒と面談をしたり、保護者面談をしますと、成績がトップレベルのお子様たちの何人かは(やはり)Z会の通信教育を併用されています

ですから、塾に入らないで難関高校を目指される方も、Z会の通信教育を利用することをご検討されてみると良いと思います。ちなみに塾に通っているお子様でも、学習量の確保のためにZ会を使っている方はいらっしゃいます。

Z会の通信教育の評判については以下の記事もご参照ください。

また最近ですと、塾に通われつつスタディサプリも併用されている方も少なくないです。月額980円(税抜き)でいつでもどこでもスマホから動画が見放題で使いやすいので。もし塾に通われない、ということであれば、スタディサプリ を使うというのも一つの手かなと思います。今なら無料体験キャンペーンもやっているみたいですよ。

いつでも何回でも980円だけで中学3年間の5教科全単元の全国トップレベルの講師の授業が見放題ですから使うことを検討されてみても良いと思います。私はスタディサプリ高校講座に入会して授業を見ていますが、非常にわかりやすい授業が多く、とても使いやすいです。特に社会の授業がお気に入りです。

塾に入っている子は、塾でわからなかった単元をスタディサプリの授業動画を見て復習しているようです。塾の授業の予習目的で使っている子もいるようです。

また、定期テスト対策としても、スタディサプリはとても優秀です。ただテキストは別に買わなくても良いかなと思います。買いたければ買う、という感じです。学校のワークだけでも定期テスト対策の演習量確保、ということであれば大丈夫かな、と思います。

スタディサプリの評判に関しては以下の記事をご参照ください。

話を戻します。

難関高校受験を目指されている方で、部活や課外活動が忙しく塾に通う時間が取れない方は、スタディサプリで動画を見て予習復習をしつつ、Z会の通信教育で学習量を確保する、というのが一番良い通信教育サービスの使い方かな、と思います。

そこまでの高校は目指していないけれども、ちゃんと定期テスト対策をしたい。でも部活や課外活動が忙しく塾に通う時間が取れない。という方は、スタディサプリの動画で予習復習をしつつ、ベネッセの進研ゼミ中学講座で学習量を確保する、というのが良いかな、と思います。ちなみに進研ゼミの方が、Z会よりも、テキストの量は膨大で、問題量は多いです。

以下の記事で進研ゼミ中学講座の評判・口コミを吟味していますので、そちらもぜひご覧くださいね。今なら資料請求すると、無料体験教材ももらえるみたいですよ。

また、Z会と進研ゼミは単独で受験対策まですることができますが、スタディサプリのベーシックコース(映像授業とPDFファイルのテキストだけ)を使われる場合は、難関校を目指される場合は特に問題演習の量が足りなくなると思いますので、スタディサプリの個別指導コースにコースをグレードアップするか、市販の問題集を買ったり模擬試験を受けたりしてうまくそこを調整する必要があると思いますのでお気をつけて。

以下の記事でも、また違った角度から塾と通信教育のメリット・デメリットを比較していますから、こちらの記事もぜひご覧ください。

以下の記事ではランキング形式でおすすめの通信教育を紹介しています。

それぞれの通信教育のメリットや価格を以下の記事で比較してみたので、こちらもぜひご覧ください。

ここまで読まれてやっぱり塾に通った方がいいかな?と思われた方は、以下の記事をご覧になって良い塾を見つけてみてくださいね。

まとめ

今回は通信教育だけ(進研ゼミだけ/Z会だけ/スタディサプリだけ)で高校受験は大丈夫か? という疑問にお答えしました。

結論としては、大丈夫な子(モチベーション高く自主勉強できて偏差値は常に全国模試で70以上)は大丈夫で、そうでない子はなるべく塾に通った方がいい、でした。

塾に通われない方でも、通信教育をうまく活用してお子様の成績を上げてみることをおすすめします。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました