「英語ができる」と言えるレベルはどれくらいか早慶卒TOEIC900超えが解説

受験や勉強のやる気等についてのコラム

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

英語ができる、って言えるようになるのってどれくらいのレベルなの?

英語を勉強していても、いつまでたってもできるようにならないし、できるようになるとも思えない

英語って、覚えることがいっぱいありすぎて、本当にできるようになるなんて信じられない

こういった思いを持たれている中学生・高校生・社会人の方は多数いらっしゃるのではないでしょうか?

今回はこういった思いに回答します。

この記事を読めば、英語ができると言えるのはどのくらいのレベルなのか、目安がわかります。

早慶卒で大手IT企業で国際会議などビジネス英語をバンバン使う経験を積んだ後、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経験してきて、TOEIC900点台半ばの講師Tこと私が解説していきます。

中学レベルの英語を学習して、英会話や英作文ができれば、とりあえず英語ができる、といっていいレベル

東南アジアなどを旅行していると、タクシーの運転手がたくさんいます。そして彼らはブロークンな英語をバンバン使っていて「俺は英語ができる」と自信満々です。これはその通りだと思っていて、異国人と英語を通じて必要なこと(価格交渉、行き先の案内など)に関して意思疎通を図れるのだから、「英語ができる」といっていいのです。

そして、中学校英語ではそのレベルの英単語や英文法に関してはきっちりと教わります。

つまり、中学校卒業して、ある程度難関高校に合格された皆様はすでに、その下地はできている状態なのです。

あとは、あなたがどれだけその知識を実践の中で使っていけるか、だけなのです。3章でヒントを解説します。

ビジネスレベルの英語力というのは、高校生くらいの単語力と、中学レベルの文法力があり、それをもって英会話や英作文が使いこなせるレベル

ビジネスレベルの英語力も同様です。ビジネスにおける英会話、英作文というのは、あくまで意思疎通を図るためのものです。あなたがビジネス上で付加価値のあるスキルをお持ちの方なのであれば、たとえ拙い英会話や英作文でも相手と意思疎通(交渉、営業、技術要件の定義、マーケティング計画の作成など)ができればいいのです。

そして、そのレベルというのは高校レベルの英単語力と中学レベルの英文法力で十分足ります。仮定法や、意味のないところでの倒置や省略なんてビジネス英語では使う意味がありませんから。

つまり、ここでも問題は、あなたがどれだけ英語をアウトプットできるか、にかかってくるのです。それができれば、ビジネスレベルで英語を使えると言っていいレベルです。それにTOEIC730くらいのスコアがあれば大丈夫ですね。

TOEICスコアアップのコツに関してはこちらの記事をご覧ください。

英語はバンバン使いましょう・英作文/英会話で遊ぶ

英作文は、まず日記を書くのがいいと思います。日記を一人で書いているだけではモチベーションが続かないのであれば、誰かに見てもらい、添削してもらいましょう。ブログやSNSで書くのもいいかもしれません。

英会話は国際交流パーティーに参加するとか、インターネット上でゲームをしているときに外国人と交流するとか、外国人のホームステイ先のホストになるとか、そういったやり方がありますね。

とにかく英作文、英会話する機会を自分で作りましょう。そこで実践を重ねているうちに、「あれ、自分ってこんなに英語できたっけ?」と思う瞬間が来ます。その時、あなたはいつの間にか英語ができるようになっているのです。

自分はそういうのは恥ずかしいし、プロの人と英会話をやりたい、英作文を見てもらいたい、という方にはレアジョブがおすすめです。

レアジョブはオンライン英会話国内ナンバーワンの英会話スクールです。

平日朝6時〜深夜1時まで場所をオンラインで場所を選ばずスマホから気軽に英会話レッスンを受けることができます。

相手はフィリピン人の講師で、みなさん非常にフランクですし、経験も豊富な講師が多く、初心者でちょっと英語力に自信がない方でも、講師の方にガイドしてもらえるので安心です。

また、私自身もレアジョブを利用していたのですが、私はフィリピンのおすすめ旅行情報などを聞いて楽しく英会話レッスンをしていました。内容も割と自由に決めることができます。もちろん、講師の方の授業形式のものもできます。

価格も国内の英会話スクールと比較すると驚くほどに安いです。

日本人の専門カウンセラーもついていますので、レベル設定や学習プラン設定に関しても安心して任せることができますね。

まずは無料体験レッスンしてみてください。

まとめ

今回は英語ができるというのはどのくらいのレベルなのか解説しました。

結論としては、日本人で中学校英語程度を身につけている人は、下地はできているのであとは英会話・英作文の実践をしまくれば英語ができると言えるレベルになる、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました