高校の選び方のポイントを早慶卒の塾講師が解説します

中学生・中学生の保護者様向け

アクセスいただきありがとうございます。塾の先生をやっている講師Tです。

志望する高校を決めなさいと中学校の先生に言われたけど、どの高校に進学したいかわからない

高校って、色んな高校があるけど、結局どの高校に行けばいいのかわからない

先輩や親や学校の先生におすすめされた高校があるけど、そこに行っていいのか、自分が行きたいのかわからない

こういったお悩みを持っている中学生の方は少なくないのではないでしょうか?

今回はそういったお悩みを解決します。

この記事を読めば、自分に合っている高校の選び方がわかります

それまで勉強を頑張っていなかったのに高校受験で勉強に目覚めてしまい、早稲田大学・慶應大学のどちらかを卒業し、今では塾の先生をしている講師Tこと私が今回も解説します。

高校を選ぶことは自分の人生を(少し)決めること

中学生まで義務教育で生きてきて、はじめて自分で自分の人生に責任を持って決めるタイミングが高校受験です。

今までは親や学校の先生が敷いてきたレールを歩いていればよかったのですが、中学校卒業以降は(実は)進路は完全に自由です。別に高校に行かなくてもいいです。義務教育は終わるのですから。親や学校の先生、塾の先生は進学を勧めてくると思いますが、世の中には中学校卒業してすぐに働き出す方々も少ない数います。最近は進学資金の高騰でこういった選択肢を(仕方なく)取られる方もまた増えてきたのではないかと思います。

では中卒という選択肢を考えてみましょう。中卒であると様々な点で生きづらくなります。まず(無視できない点として)心のない高卒や大卒の人間からバカにされます。

また、高卒や大卒で資格を持っていないとできない職業(医者等)もかなりの数あります。

大卒資格でできることやメリットは?

また、単純に人生をともにする仲間を得るチャンスが減ります。大抵高校や大学まで進学した人間は、高校や大学の時の友人が人生を共にする本当の友人になることが多いです。それはなぜかというと、高校や大学の時の友人の方が、自分と同じような価値観(好きなことが一緒/嫌いなことが一緒/育ってきた環境が一緒)を持っていて、レベル(学力/スポーツをやっていればその実力)も同じであることが多いからです。「類は友を呼ぶ」です。

普通、公立の中学校に行かれている方であれば、公立の中学校に通われている生徒というのは、(悪く言えば)寄せ集めです。本当に様々な中学生が集まっています。今、あなたの周りにいる中学生たちが、超貧乏な家庭に生まれ、中卒になったけど後々大化けして超大金持ちのヤリ手の社長になったり、お金持ちの家庭に生まれ、塾に行きまくって東大や京大や早稲田や慶応といった(いわゆる)良い大学に合格し、それにも関わらず、30歳近くのおじさんになっても冴えないニートになったりする可能性があるわけです

人生って、本当に自由ですね。

この点に関してはこちらの記事もご覧ください。

そのような可能性があることを知った上で、今回、あなたたちは人生ではじめて大きく人生を決めなければならないわけです。

自分の人生を決めるために高校選びで見るべきポイント

まずは自分にとって本当に大事にしたいことが何か、このタイミングで決めなければなりません

自分にとって本当に野球が大事で、どうしてもプロ野球選手になりたい、と心の底から思っているのであれば、甲子園に行くことができる野球部のある高校に進学しましょう。そしてなんとかそこでレギュラーを勝ち取りましょう。

他のスポーツや音楽系の部活をやっている方も同じです。その分野でプロになりたい方はそういった高校に入ることをお勧めします。

何かを手に入れるためには、何かを捨てなければなりません。

自分にとって本当に心の底から大事にしたいことが本当に野球なのであれば、勉強という保険を捨てましょう。ただし、野球にがむしゃらに取り組みましょう

繰り返しますが、何かを手に入れるためには、何かを捨てなければなりません。

そういったタイプではない、と思う中学生に向けて、これから高校を選ぶためのポイントをお伝えしていきます。

①偏差値は高ければ高いほど良い

②名門大学(東大等)への合格実績が良いほど良い

③場所は近ければ近いほど良い

④私立の方が大学受験に熱心/公立は一般にそこまででもない(地域にもよるが)

偏差値は高ければ高いほど良い

偏差値が高い、ということはすなわち、その学校には受験勉強の長くて辛い努力ができ、しかも頭も良い高校生が集まる高校、ということです。学校を卒業すると(大金持ちのボンボン息子や箱入り娘でもない限り)、自分の生活費を稼ぎ出すために働かなければなりません。働き出すとわかりますが、2、3日で自分の望んでいる成果を出すことというのはできません。必ず長く苦しい準備の期間が必要になります。ですが、そういった偏差値の高い高校に自分の努力で入ってきた高校生は、その後の人生でも同じように頑張ることができるので、働き出しても、長く苦しい準備の期間を潜り抜け、無事に仕事で成果を出すことができるのです。具体的には、ビジネスマンになる人は会社で良い商品を作ったり、その商品を売るための良いCMを作ったりして多くの売り上げを上げ、ガッポガッポ金を儲けるでしょうし、アーティストになる人は長く苦しい下積み時代を乗り越え、ユーチューブで最終的に1億回再生される動画を投稿し、紅白歌合戦に出るようにまでなるかもしれません(ニコニコ動画から投稿活動を開始して、長くそこまで売れていないアマチュア時代を乗り越えてスターになった米津玄師さんのように)。

名門大学(東大等)への合格実績が良いほど良い

名門大学(東大京大早稲田慶応等)へ進学しましょう。その後の人生が最高に生きやすくなります。

その理由に関してはこちらの記事をご覧ください。

名門大学への合格実績が良いほど良い学校です。

進学実績に関してはこちらのサイトで検索して調べてください。

みんなの高校情報

場所は近ければ近いほど良い

場所は近い方が良いです。通学に30分かかる学校と2時間かかる学校では、30分かかる学校の方が良いです。「塵も積もれば山となる」と言いますが、その通学時間の差が勉強時間の差になったりして、後々響いてきます。

ですが、まずは①②のポイントを重視しましょう。①②をクリアした上で近いかどうかを考えましょう。

私立の方が大学受験に熱心/公立は一般にそこまででもない(地域にもよるが)

大学受験に熱心な学校に行きましょう。受験に熱心でないお友達が多い高校では、いつまでたっても大学受験に向けてのやる気スイッチが入りません。具体的には、高校2年生の後半あたりから大学受験に燃えまくっている生徒が学年の2、3割いるような学校に行きましょう。それは結論としてはほとんど地域のトップ高校になります。

また、一般に私立高校の方が受験に熱心です。私立高校では、大学進学実績が落ちると、高校に入学してくる中学生も減ってしまうので、熱心になるのです。

まとめ

今回は失敗しないための高校の選び方のポイントと高校を選ぶ理由をお伝えしました。

結論としては、心の底からプロのスポーツ選手や音楽家になりたいのであれば、そういったことができる高校に行って、勉強は捨てる。そうでないのであれば、偏差値が高く、良い大学に合格している高校生が多い高校に行く、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました