なぜ東大京大早稲田慶應を必死で目指す必要があるのかを名作大学受験漫画『ドラゴン桜』から学ぶ

勉強のやる気

アクセスいただきありがとうございます。塾の先生をやっている講師Tです。

大学受験って本当に意味あるの?

なんで必死に勉強して東大とか京大に行く人たちがいるの?

クイズ番組とかユーチューブで東大卒とか京大卒とかいっぱい出てるけどぶっちゃけ興味ないしすごいとも思わない

勉強できるだけのバカっているよね

勉強ができるのと世の中的に賢いのって別じゃん

東大出たから何?

こういった意見や疑問を持った高校生は少なくないと思います。

今回はそういった意見を持った高校生向けに、私なりの意見を述べます。

この記事を読めば、なぜこの国には必死で東大や京大や早慶を目指している人が少なくない数いるのか、理解できるようになる、可能性があります

今回もちょうど大学受験の前に東大受験をテーマにした名作漫画『ドラゴン桜』に出会って(年がバレちゃいますね汗)素直に感動して東大受験し、無事に爆沈して早慶に現役で行き、でも結局その時の熱い想いが忘れられず大手塾講師/スタッフを経験して今は受験生をサポートする側に回っている講師Tが解説します。

なぜみんなそんなに必死に東大/京大/早稲田/慶應を目指すのか? その理由

人それぞれ大学を目指す理由は違います。そして目指す大学も違います。しかし、その中でもどうしても「東大」じゃなければいけない。どうしても「京大」じゃなければいけない。どうしても「早稲田/慶應」じゃなければいけない。という人たちがいます。

それは、そういった大学にいけないとその後の職業人生の成功が保証されないから、というのが大きいです。特に東大に行かないと成功できない、あるいは成功の確率が極端に下がる職業というのは明確にあり、それは官僚です。次点として、研究者と外資系金融機関(ゴールドマンサックス等)、外資系コンサルティング会社(マッキンゼー等)、それと外資系トップIT企業(グーグルやアマゾン等)、それに政治家です。この辺りは実は京大早慶でも行けます(ハンデはありますが)。この国を動かす官僚になりたいのであれば東大一択です東大に行きましょう。東大以外では主流派になれません。研究者も基本は東大です。また、世界のトップエリートとして他国のトップエリートたち(ハーバード大学やオックスフォード大学等)と一緒に働いて、世界中を飛び回り、しかも普通のサラリーマンでは到底たどり着けない年収(2,000万〜数億円)を得て外資系金融機関や外資系コンサルティング会社で働きたいなら東大に行きましょう。また、外資系トップIT企業(最近ではGAFAとか呼ばれています)で人工知能の開発をしたい、世界最高の情報系の研究をしたい、というのなら東大に行きましょう。また、最近出てきているテクノロジー系のベンチャー企業(スタートアップ企業)にも、東大卒ばかりしかいない企業も出てきています。

東大に学部で合格した、ということの価値がこの国ではとてつもなく大きく、他の人間たちがその後の人生でいくら頑張っても、この価値を普通のサラリーマンでは到底覆すことができないのです。それくらいにこの「学部が東大」であることの価値は大きい。最近では下がってきているように感じますが、やはりトップ大学出身である、ということの意味はまだまだ大きいです。「東大以外は大学じゃない」とネタ的に言う(本気で言っている人もいる)東大生がいますが、これは真実を突いています

どうしても「京大」に行きたい、という学生はおそらく研究者になりたいのでしょう。京大というのは「ユニークな研究をしたい」という学生が多く行く大学です。ノーベル賞受賞者も(やはり)東大の次に多い2位です。

早慶は就職において不利になることは(学生時代に何か頑張っていれば)それほどありません。基本的にはどんな企業にも就職できると思います。慶應は特に民間企業に強く、また外資系企業の就職にも強いです。

MARCH(明治/青山/中央/立教/法政)以下の大学は就職の時に学歴フィルターで不利になります。

これらの学歴フィルターに関して詳しく知りたい方は『学歴フィルター』福島 直樹著 小学館をお読みください。

また、高校を卒業しただけの高卒の方と、大学まで卒業した大卒の方の一生の賃金(お給料)の格差は約4,600万円だそうですが、東大や慶應等を出るとその差はさらに開き、1億〜1億7,000万円も多くなるそうです。大豪邸を一つ買ってポルシェを買ってもお釣りが来そうな金額です。

詳しくはNIKKEI STYLEのこちらの記事をご覧ください。

身近なマネー研究

「学歴なんて関係ない」の真実 生涯賃金これだけ違う人生まるごとシミュレーション(5)」

「学歴なんて関係ない」の真実 生涯賃金これだけ違う|マネー研究所|NIKKEI STYLE
長い人生、気になるお金。できることなら、将来のマネープランを見通せないものか――。マネー研究所は、金融機関向けのソフトウエア開発などを手掛けるAFGの協力の下、実在する企業の給与や退職金、年代別の生活費、家賃、年金などの各種データを用いて試算。

なお、今でさえ大企業のリストラが多いですから(富士通では45歳以上が頑張っている人でも全員リストラ対象になるというニュースが最近ありました)、「自分は大学になんか行かなくても大丈夫」とか「普通の仕事につければいいのでそんなに良い大学に行くつもりはない」といった方も、他人ごとではすまなさそうです。仕事に就けなければお金が稼げないわけですから、毎日食事はカップラーメンで車も買えずおしゃれもできず安アパートで風呂もない。といった極貧生活をせざるを得ませんからね。ひどければホームレスです。

職業やお金の問題だけではなく、やはりこういったレベルの高い大学の方が世の中で活躍している人材を輩出していますから、そういった面白い人間と出会える可能性も高いです。みんなの大学情報「大学有名人ランキング」https://www.minkou.jp/university/ranking/senior/

によると早稲田大学が一番有名人を輩出しているようです。スポーツ選手やタレントが多いみたいですね。

つまり、

これらの大学を必死で目指す人は、その後の人生の目的や自分の将来なりたい姿が明確に決まっていて、だから高校生活の青春を多少犠牲にしてでも、必死に勉強して目指している、と言えそうです。

ドラゴン桜の桜木弁護士がこの国のある種の高校生たちを目覚めさせた

自分でルール作る側にまわれっ!

<画像©︎三田紀房/講談社>

私がドラゴン桜に出会ったのは、ちょうど阿部寛さん主演のドラゴン桜のドラマがテレビでやっていた時でした。率直に言って衝撃を受けました。というか、感動しました。周りの大人が本音を言わず建前で「人には優しくしましょう」とか思ってもないようなことばかり言う中で、「バカとブスこそ、東大へ行け!!」だとか「日本のルールは東大を出たやつが作っている だから…東大に入れ!!」だとかいう社会の真実をありのままに吐露する主人公の桜木弁護士の言葉には、私はどちらかと言えば(悪く思わず)素直に感動しました。そういった私の同年代の方も多かったのではないでしょうか。あと、この作品の良かった点は「誰でも東大に入れる可能性がある」と啓発してくれたことです。

そう、誰にでもチャンスはあるのです。

誰にでも東大に入り、世の中を思いのままに動かすチャンスが。

この国のルールを作り、この国を良くしていきたい高校生、また、研究者として大成し世の中をリードしたい高校生、あるいはトップエリートとして世界を股にかけ活躍したい高校生、こういった高校生たちは素直に東大を目指しましょう。その前にドラゴン桜を読むのも良いかもしれません。

ただし東大に合格するのは甘くないです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

東大を舐めている全ての人達へ|tonoike19950604|note
はじめに どうも、こんにちは。あるいはこんばんは、おはようございます。コジキ東大生です。東大の中ではど底辺の成績でやらせてもらっています。 最近、舐められていますね、東大が。 「東大卒は使えない」「東大は誰でも入れる」「東大に価値なんてない」別に良いんですよ、コレ言われても。東大の人が言ってたら「ま...

まとめ

今回はなぜ名門大学を目指す必要があるのか(東大/京大/早稲田/慶應)という点に関して解説しました。

結論としては、将来の目標が明確に決まっていて、その目標がそれらの大学に行かないと実現できそうにない場合は、それらの大学を目指す必要がある、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました