中学生の入塾時期は夏休み(夏期講習)からが多い?/失敗しないためのコツを解説

中学生の塾の夏期講習

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

中学生の息子/娘がいて、夏休みから入塾させたいと考えているんだけど、そういったご家庭って多いのかしら?

中学生の息子/娘がいて、夏休みから入塾させたいと考えているんだけど、何かポイントってある?

中学生の息子/娘がいて、夏休みから入塾させたいと考えているんだけど、何か塾代を安くするコツってある?

中3の息子/娘がいて、夏休みから入塾させたいと考えているんだけど、そういったご家庭って多い?何かコツってあるかしら?

このような疑問を抱かれている中学生の保護者様も多いのではないでしょうか?

今回はそんな疑問にお答えします。

この記事を読めば、中学生が塾に入塾する時期は夏休みからが多いのかどうか、夏休みから入塾する場合のポイントは何か、塾代を安くするコツは何か、全てわかります。

早慶卒で大手IT企業の社員を経て、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経験した、塾のことを知り尽くしている塾選びのプロことブログ管理人の講師Tが解説していきます。

中学生の入塾時期は、夏休み(夏期講習)からが多いです

中学生の入塾時期で一番多いのは、やはり小6の3月、中1の4月ですが、次に多いのが毎年の夏期講習です。

ですから、このタイミングでお子様が入塾すれば、他にも入塾されるお子様が多いですから、特に違和感なく、集団塾に入塾される場合でも新しい塾でのお友達が作りやすいと思います。また、夏休みの入塾であれば、他の時期に入塾されるより比較的お子様の時間的にも精神的にも余裕がありますから、普段の時期に入塾するよりも塾の授業や宿題に慣れるのが楽なので、塾での学習を続けていきやすいです。

また、夏休みの塾は、中3生が必死に勉強している姿を見れますから、そういった姿を見て、お子様も勉強の必要性を感じるようになります。

これらの理由から、中学生の入塾時期は夏休みがおすすめなのです。

以下の記事でも中学生の入塾時期について解説していますので、こちらもぜひご覧ください。

中学生が夏休みから入塾する場合の失敗しないためのポイントは?

中学生のお子様が夏休みから入塾される場合、他の塾で学習されている場合でも、入塾をご検討されている塾のカリキュラムをまずはしっかりとご確認いただき、学習範囲に抜け漏れが出ないようにしてください。

特に、今まで塾通いなさっていなかったお子様は、今までの範囲を塾でしっかりと学習された方がいいので、そういったお子様は、これまでの範囲の復習講座をしっかりと受講しましょう。そして、今通われている塾のお子様達に追いつきましょう。復習講座は、定期テストレベルか、それよりレベルが高い問題が、今までの学習範囲の中で出されることが多いですから、何より高校受験対策にうってつけなのです。

また、入塾する際のクラスのレベルに気を付けましょう。お子様の学力レベルに合ったクラスに入らなければ、せっかくの夏期講習代も無駄にしてしまいますから、まずは無料の入塾テストを受けていただいて、塾のスタッフと学習相談を設けて、お子様に合ったクラスを決めてもらいましょう。

中学生が夏休みから入塾する場合の塾代を安くするコツ

塾代を安くできるのは、お友達の紹介で安くできることがあります。

また、保護者様がその塾に通われていた場合も安くできることがあります。

あとは、受講形態で、三科目セット、五科目セットなどで受講すると、一科目の単価は安くなります。

また、これは意外と知られていないことですが、夏期講習前に大抵どこの塾もキャンペーンをやりますので、そのキャンペーンに参加すると少しだけ授業料が安くなる、といったこともあります。こちらに関しては塾に資料請求した際に「何か安くなるキャンペーンはありますか?」と是非聞いてみてください。もっと安くできる方法が何かあるかもしれません。

まとめ

今回は中学生の入塾時期は夏休みからが多いです、ということについて解説しました。

結論としては、中学生の入塾時期は夏休みからが多く、復習講座を取って今通塾している生徒様に追いつけるように気をつければスムーズに入塾できます、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました