塾なしでも中学生の成績【定期テスト/高校受験】は大丈夫なのかポイントを解説

中学生の塾選び

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

中学生の高校受験は塾なしでも受かる?

定期テスト対策を中学生の息子/娘にさせたいのだけど、塾なしでも大丈夫?

中学生の息子/娘がどうしても塾に行きたがらない・嫌がる・行きたくないというのだけど、塾なしでどうやって勉強させたらいい?

こういった疑問をお持ちの中学生の保護者様は多いのではないでしょうか?

今回はこういった疑問に回答します。

この記事を読めば、ご自身の中学生のお子様は塾なしでも大丈夫なのか、塾なしで勉強するとすれば何をどうすればいいのか、わかるようになります

早慶学部卒で大手IT企業の営業を経験した後、個別指導塾講師/地域の小規模塾講師/大手進学塾講師/大手進学塾スタッフを経験した管理人の講師Tこと私が、フラットかつフェアな視点からそのポイントについて解説します。

今回の記事の内容も東大教授で脳科学者の池谷裕二先生が書かれている『受験脳の作り方』という本の内容を一部下敷きにして考えました。

目的別(難関国立・私立高校受験/地域の公立トップ校受験/定期テスト対策)に塾なしでも大丈夫かどうか解説

塾は、本当に最難関の高校(開成/灘/聖光学院/浦和/日比谷/筑駒/渋幕/北野/洛南等)を目指されるのであれば入ることをお勧めします。特に大手進学塾に入られることをお勧めします。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

そうでない方(相応の学校に進学できればいいとお考えの方/定期テスト対策ができればいいとお考えの方)は無理して塾に入る必要もなく、塾なしでも大丈夫だと思います。ただ、地域の個人塾に入ればそういった対策をしてくれるところは多いので、もし、定期テスト対策をしたくて、しっかりと生身の塾講師にフォローしてもらいたい、とお考えであれば、入ってもいいかな、とは思います。

塾なしで大丈夫な場合の中学生の勉強法

塾なしで大丈夫、とはいっても学校の授業と宿題だけでは定期テストも、高校受験も、なかなか厳しいと思います。これは繰り返し伝えていることですが、学習の基本は「何度も間隔を空けて同じ内容の学習を繰り返す」ことです。これをするために授業と宿題以上に学習量を確保しなければなりません。

そこで学習量を確保するためにお勧めで定番中の定番なのが進研ゼミ中学講座です。

定期テスト対策といえばやはり進研ゼミでしょう。また、教育業界最大手ベネッセがやっていることもあり、進学情報や各種サポート(赤ペンコーチ、テストお助け電話、進路個別相談ダイヤル等)も充実しています。それに料金も月々6,000円〜7,000円程度で非常にお得です。

また、学習量を確保できても、自分だけで学習している場合、わからないところやどうしても理解できないところが出てくると思います

そういったときは月額たったの980円で中学三年間5教科全ての単元の全国トップレベルの塾講師の授業が何度でも見放題のスタディサプリの動画授業を見ることをお勧めします。今なら無料体験キャンペーンもやっているみたいです。

これでわからないときはスタディサプリの動画授業を見つつ、進研ゼミでしっかりと問題をいっぱい解いて、定期テスト対策も、公立高校受験対策もバッチリ対応していけますね。

以下の記事ではより詳しく上記3つの通信教育を比較しています。

ここまで読まれて、やっぱり塾に入った方がいいかな?と思われたあなたは、以下の記事をご覧になっておすすめの塾を探してみてくださいね。

まとめ

今回は中学生は塾なしでも大丈夫かどうか解説しました。

結論としては、全国最難関高校を目指される方は大手進学塾に入る必要があり、そうでない方(地域の公立トップ校に行きたい/定期テスト対策がしたい)は塾に入る必要はないけれども、しっかりとその他の方法で対策していく必要がある、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました