中学生の通信教育ランキング厳選3選【高校受験】を塾講師が作ってみた【2019最新版】

中学生の通信教育選び(進研ゼミ/Z会/スタディサプリ)

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人で塾講師をやっています講師Tと申します。

中学生の息子/娘がいて、通信教育をやらせようと思ってるんだけど、中学生の通信教育って結局どれを選べば良いの?

中学生の息子/娘がいて、通信教育の紹介記事とか見てるけど、結局どれがいいのかわからない。もうある程度強引にでもいいから目的別にランキングにしておすすめを教えて

このような思いをお持ちの中学生の保護者様も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたのご要望にお応えします。

この記事を読めば、あなたのお子様にぴったりの通信教育がどれなのか、塾講師のプロ目線からのランキング形式でわかります。

早慶卒で大手IT企業の社員/個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフという経歴を経て、様々な中学生を指導してきた講師Tこと私が解説していきます。

(サムネイル:Karsten BergmannによるPixabayからの画像)

  1. 中学生の通信教育ランキング【定期テスト対策編】
    1. 1位 進研ゼミ中学講座
    2. 2位 スタディサプリ中学講座
    3. 3位 Z会の通信教育 高校受験コース
    4. 定期テスト対策総評
  2. 中学生の通信教育ランキング【難関高校受験編】
    1. 1位 Z会の通信教育 高校受験コース
    2. 2位 スタディサプリ中学講座
    3. 3位 進研ゼミ中学講座
    4. 難関高校受験編総評
  3. 中学生の通信教育ランキング【公立高校受験/中堅高校受験編】
    1. 1位 進研ゼミ中学講座
    2. 2位 スタディサプリ中学講座
    3. 3位 Z会の通信教育 高校受験コース
    4. 公立高校受験/中堅高校受験編総評
  4. 中学生の通信教育ランキング【苦手科目を克服編】
    1. 1位 スタディサプリ中学講座
    2. 2位 進研ゼミ中学講座
    3. 3位 Z会の通信教育 高校受験コース
    4. 苦手科目を克服編総評
  5. 中学生の通信教育ランキング【あなたに合ったペースで学習編】
    1. 1位 スタディサプリ
    2. 2位 進研ゼミ中学講座/Z会の通信教育 高校受験コース
    3. あなたに合ったペースで学習編総評
  6. 中学生の通信教育ランキング【料金編】
    1. 1位 スタディサプリ中学講座
    2. 2位 進研ゼミ中学講座
    3. 3位 Z会の通信教育 高校受験コース
    4. 料金編総評
  7. 中学生の通信教育ランキング【総合ランキング編】
    1. 1位 スタディサプリ中学講座
    2. 2位 進研ゼミ中学講座
    3. 3位 Z会の通信教育 高校受験コース
  8. まとめ

中学生の通信教育ランキング【定期テスト対策編】

定期テスト対策に使える通信教育ランキングです。

1位 進研ゼミ中学講座

進研ゼミ中学講座は、定期テスト対策で一番使えます。なぜなら、技能科目も含めた9教科の対策本である「ゼミの青本」を始めとして、定期テスト対策向けの教材や各種サポートがとても充実しているからです。長年積み上げてきた進研ゼミの定期テスト対策のノウハウがありますからね。

2位 スタディサプリ中学講座

スタディサプリは定期テスト対策にもうってつけです。

5教科4万本以上の映像授業の中から、自分の苦手なところや、定期テスト範囲のところの映像授業をピンポイントで見て、付随するPDFファイルのテキストをダウンロードして問題まで解いてみれば、効率的に定期テスト対策ができます。

また、定期テスト対策用に、各学校の教科書に対応した定期テスト対策動画まで見れちゃいます。もちろんテキスト付きです。

また、個別指導コースであれば、定期テスト対策向けの勉強プラン作成のサービスまで付いてきちゃいます。

3位 Z会の通信教育 高校受験コース

Z会は受験のイメージが強いですが、Z会もちゃんと定期テスト対策ができます。

実技科目4教科も含めた定期テスト対策専用の問題集が付いてくるから、しっかりと定期テスト対策ができます。

また、タブレット式の学習スタイルなら、タブレットを使ってお子様専用の学習プランを作成することもできますね。

定期テスト対策総評

まとめとしては、定期テスト対策で一番定評がある進研ゼミがやはり1位。映像授業が充実しているスタディサプリが2位。各種問題集は充実しているものの、やはり「難しそう」な印象が拭えないZ会が3位です。

中学生の通信教育ランキング【難関高校受験編】

難関高校受験対策に使える通信教育ランキングを見ていきます。

1位 Z会の通信教育 高校受験コース

Z会は難関高校受験向けの通信教育として定評があります。2018年度の志望校合格率は、なんと97.7%という素晴らしい結果を叩き出しています。

Z会の特徴は、質が高くて解きごたえがあり、解けば解くほど実力がある高品質のテキストと、丁寧かつレベルの高い添削指導です。

難関高校の受験問題は、数学も英語も、やはり考えさせる問題が多いです。考えさせる問題は、受験の前からしっかりとそのレベルと同じような問題を解く経験を積み、そしてその答案に対して添削をしてもらい自分のわからないところをわかるようにする訓練を積んでいかなければ、解けるようになりません。

その点、Z会は質の高くて難しい問題と、丁寧な添削が付いてきますから、難関高校対策にバッチリなのですね。

2位 スタディサプリ中学講座

スタディサプリは難関高校受験対策にも向いています。

5教科4万本の授業がどこからでも見放題ですから、あなたのお子様の苦手なところから遡って授業を見て対策していくことができます。

さらに、個別指導コースであれば、あなたのお子様専用の受験勉強プランを現役大学生コーチが立ててくれますから、受験対策もバッチリです。

しかし、留意しておくべき点が一つあります。

これは私のブログではいつも言っていることなのですが、勉強は、授業(映像授業)を受けただけでは成績が上がりません。授業を受けて、その内容を理解した上で、問題を解いていく時に、知識が定着し、成績が上がっていきます。ですから、スタディサプリの映像授業と、付随するPDFファイルのテキスト以外にも、スタディサプリ内でテキストを購入するか、市販のテキストを購入するかして、難関高校の問題レベルの問題演習をしていくことをおすすめします。

以下の記事には難関高校対策の問題集のおすすめを載せていますので、ぜひご覧ください。

3位 進研ゼミ中学講座

進研ゼミは難関高校受験対策も大丈夫です。

進研ゼミをやっていて、難関国立・私立・公立高校に受かっている先輩たちの存在がそれを実証しています。

進研ゼミは志望校のレベル別に教材のレベルを選択することができます。それぞれ「受験総合コース」、「難関挑戦コース」、「最難関挑戦コース」というコースがありますから、難関高校を狙うのであれば、「難関挑戦コース」、「最難関挑戦コース」を選択すれば良いですね。

難関高校受験編総評

難関高校対策は実績もあり定評のあるZ会が1位でした。映像授業で自分の苦手に遡って学習できるスタディサプリは2位、定期テスト対策や公立対策の印象が強い進研ゼミは3位でした。

中学生の通信教育ランキング【公立高校受験/中堅高校受験編】

公立高校受験、難関高校とは言わないまでもそこそこの進学校向けの受験対策、これらに強い通信教育はどこでしょう?

1位 進研ゼミ中学講座

公立高校受験対策といえば進研ゼミです。

進研ゼミは、中3の受験講座であれば、各都道府県別の公立入試の予想問題、過去問題が入った問題集で徹底的にその都道府県の問題傾向に合った公立入試対策ができます。これは他2つの通信教育にはないきめ細かさ、徹底度なので、公立高校受験一本で行く、という方、公立高校が第一志望という方は進研ゼミを選べば良いでしょう。

2位 スタディサプリ中学講座

スタディサプリであれば、5教科4万本以上の授業が自分のペースでどこからでも見放題ですから、いよいよ受験勉強をするとなった時に、自分の苦手なところから遡って勉強することができます。

基礎的な知識を身につけるのにはスタディサプリのわかりやすい動画授業はうってつけです。

公立高校の入試は基礎的な知識を極めればうまくいく入試ですから、スタディサプリの動画授業はうってつけです。

3位 Z会の通信教育 高校受験コース

Z会はやはり難関高校入試に向いている通信教育ですから、公立高校入試対策では少し難しすぎる、ということもあるかもしれません。

ですが、公立高校と私立高校の難関高校を両方狙いたい、という方であればZ会を選べば良いと思います。

実際に、私が働いていた塾でもそういった方々は、進研ゼミよりもZ会を併用されている印象です。

公立高校受験/中堅高校受験編総評

公立高校中心に受験対策をしていきたければ進研ゼミが良いでしょう。動画授業中心に対策したければスタディサプリです。難関国立高校や私立高校も視野に入れたいならZ会が良いでしょう。

中学生の通信教育ランキング【苦手科目を克服編】

それでは苦手科目を克服するためにおすすめの通信教育を見ていきます。

1位 スタディサプリ中学講座

苦手科目の克服と言えばスタディサプリです。

わかりやすい動画授業がいつでも何度でも見放題ですから、苦手なところも何度でも動画を見て学習することができますよね。

また、個別指導コースであれば、専門の学習コーチがあなたのお子様の苦手を克服するためにぴったりな学習プランを立ててくれますから、苦手克服のために最適な学習プランで学習していくことができますね。

2位 進研ゼミ中学講座

進研ゼミはとにかくテキストの量が豊富ですし、漫画やイラストなどで楽しく学習できるように工夫されています。ですから、苦手な科目でも無理なく楽しく学習していくことができます。また、努力賞などのご褒美もありますから、そこがモチベーションになって苦手科目でも学習していくことができますしね。

3位 Z会の通信教育 高校受験コース

Z会は苦手克服もできます。タブレットを使った学習であれば、あなたのお子様にぴったりの学習進度の問題に取り組むことができますからね。

しかし、他2つの通信教育サービスと比べて、やはり難関高校受験に特化している、と言えそうです。

苦手科目を克服編総評

苦手克服はスタディサプリが良いですね。

進研ゼミが次点です。

Z会は苦手科目克服、という目的で使うのはちょっと違うかな、という感じです。

中学生の通信教育ランキング【あなたに合ったペースで学習編】

自分のペースで学習できる通信教育ランキングです。

1位 スタディサプリ

スタディサプリは、5教科4万本以上の授業が学年をまたいで見放題なので、中3が中1の授業を見たり、中1が中3の授業を見たりすることが可能です。

そして、教材も付いていますから、問題も解けます。

したがって、自分のペースで学習し続けることが可能なのです。

得意な科目はどんどん先の学年に進み、苦手な科目は戻って学習する。それが一番やりやすいのがスタディサプリです。

2位 進研ゼミ中学講座/Z会の通信教育 高校受験コース

進研ゼミはとにかく教材が豊富ですから、先に進むということはできませんが、苦手科目を戻って学習することは得意です。

Z会は難関高校受験向けに3月、8月、12月の長期休みに入試レベルの応用問題を中1、中2でも解いていきますから、先に進んで学習することは得意です。

あなたに合ったペースで学習編総評

結論としては、自分のペースで学習したいならスタディサプリが一番良いですね。

中学生の通信教育ランキング【料金編】

それでは最後に気になる通信教育の料金に関して見ていきましょう。

1位 スタディサプリ中学講座

スタディサプリのベーシックコースは5教科4万本の授業が月額たったの980円(税抜き)でいつでもどこでも見放題ですから、料金の面では圧倒的に1位です。

個別指導コースは月額9,800円(税抜き)と少し値段が張りますが、それでも塾と比べたら格安ですし、あなたのお子様にぴったりの学習プランを作成してくれるサービスまで付いていますから(塾でもそこまでのことはやってくれない場合が多い)、格安ですね。

2位 進研ゼミ中学講座

進研ゼミは、一年一括払いの想定で、中1〜中3まで月謝が約5,000円〜7,000円程度で済みます。

3位 Z会の通信教育 高校受験コース

Z会は1科目から取れば値段は2,000円〜3,000円程度で安いですが、5科目で受講すると10,000円〜15,000円程度になりますので、他の2つの塾と比べて少し値段が張るでしょうか。

料金編総評

それぞれ値段は変わりますが、塾に比べて格安であることには変わりません。

以下の記事から塾代のシミュレーションはご覧になれます。

中学生の通信教育ランキング【総合ランキング編】

それでは通信教育ランキング総合評価編です。

1位 スタディサプリ中学講座

定期テスト対策、苦手なところの克服、公立高校受験対策、自分のペースで勉強できる、自分にぴったりの勉強計画を立ててくれる、いつでもどこでもスマホやタブレット、PCから5教科4万本の動画授業が見放題のスタディサプリが総合ランキングでは1位になりました。

料金が動画授業とテキストが付いて980円(税抜き)と格安なのも魅力ですね。

スタディサプリが良いな、と思われた方はぜひ以下のリンクから無料体験をお申込みしてみてください。

スタディサプリ

スタディサプリの口コミは以下の記事からご覧になれます。

2位 進研ゼミ中学講座

進研ゼミは定期テスト対策、公立高校受験対策、苦手なところの克服、などに強い通信教育です。

ほとんどの方は、進研ゼミを選んでおけばまず間違いはないと思います。

進研ゼミの無料体験教材は以下のリンクからお申し込みになれます。まずは体験してみてください。

進研ゼミ中学講座 資料請求はこちらから

進研ゼミ中学講座の口コミは以下の記事からご覧になれます。

3位 Z会の通信教育 高校受験コース

Z会は難関高校受験対策や、中1や中2の段階から応用問題や入試問題対策をしたい方、記述式問題や表現力を鍛えていきたい方に向いている通信教育です。

総合評価では3位ということにさせていただきましたが、やはり難関高校受験ならZ会を選ぶのが無難です。

ぜひ以下のリンクから無料で資料請求してみてください。

Z会中学生向けコースの資料を請求された方に、『中学からの正しい学習法』冊子を差し上げます。

Z会の通信教育の口コミは以下の記事からご覧になれます。

まとめ

今回は様々な角度から中学生におすすめの通信教育をランキング形式で解説しました。

結論としては、あなたのお子様の目的に合った通信教育を選びましょう、でした。

以下の記事でも通信教育おすすめ3つをまた違った角度から分析していますので、こちらもぜひご覧ください。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました