公文式から塾に切り替えるのは普通?【小学生】いつがベスト?

小学生の保護者様向け

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人で塾講師をやっている講師Tと申します。

小学生の息子/娘がいて、今は公文式に行かせてるんだけど、高校受験に向けて進学塾に通わせたいと考えているんだけど、切り替えの時期はいつがいい?

小学生の息子/娘がいて、公文式にずっと通ってて気に入っているんだけど、高校受験するからやっぱり高校受験向けの塾に切り替えた方がいいのかしら?

小学生の息子/娘がいて、公文式にずっと通っているのだけど、やっぱり高校受験になったら公文式から進学塾に切り替えるのが普通なの?

こういった疑問を抱かれている小学生の保護者様も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

この記事を読めば、高校受験をする小学生は、公文式から進学塾に切り替える方が普通なのか、公文式から進学塾に切り替えるメリット・デメリットは何なのか、公文式から進学塾に切り替えるとすれば切り替える時期はいつがいいのか、全てわかります。

早慶卒で大手IT企業の社員を経て、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経験し、様々な小学生や中学生を指導してきた講師Tこと私が解説していきます。

公文式から進学塾に高校受験に備えて切り替えるのは普通です/多数派です

公文式から進学塾に高校受験に備えて切り替えるのは普通です。私自身も子供時代に公文式をやっていましたが、途中のタイミングで進学塾に切り替えました。また、今まで個人経営の小さな塾や、大手の進学塾で教えてきて、「公文式をやっていたけどこのタイミングで進学塾に移った方が良いかなと思って…」とおっしゃってお子様を進学塾に入れられる保護者様は多かったです。実際、そのようなことをおっしゃっていない方も含めれば結構な数の方々が公文式→進学塾への切り替えを経験されているはずです。

公文式から進学塾に切り替えるメリット・デメリット

公文式から進学塾に切り替えるメリット・デメリットを挙げてみます。

公文式から進学塾に切り替えるデメリット

自分のペースで学習できない(集団塾の場合)

集団塾の場合、自分のペースではなく、塾のカリキュラムのペースで学習が進んでいきます。もしついていけなくなった時が心配です。ですが、最近の集団塾では相談すればフォローしてくれることも多いですし、個別指導塾ではそもそもこういった心配は起こりませんね。

公文式から進学塾に切り替えるメリット

受験勉強を意識したカリキュラムで勉強することができ高校受験に有利

公文式では、ひたすら計算問題を解くだけで、特定のカリキュラムの分野について「深く」理解をするところまでたどり着かないことが多いです。その点、高校受験を意識した大手進学塾であれば、受験問題を解けるように「深く」考えさせることが多いので、やはり高校受験に有利になります。

文章問題や、思考力を育てる問題は、進学塾ではじっくりとやることができ、これからの激動の世の中を生き抜く思考力を身につけることができる

公文式の弱点として、文章問題や、じっくりと思考を深めなければ解けない問題をやることができません。その点、今のトップレベルの難関高校受験では、そういった問題が出ることが多いので、進学塾ではそんな問題をたくさん解くことができます。結果として、高校受験対策だけではなく、生きる力を養成する本当の思考力を身につけることもできます。

先生に教わり、質問をしたり相談したりすることができる

先生から直に講義を受け、問題を答えさせられたり、逆にあなたのお子様が先生に質問したり、といったことは、公文式ではあまりできません。一方で、進学塾ではそれができますから、わからないところをわからないままにしないことができ、苦手を潰すことができます。

複雑な高校受験情報や進学情報の相談ができる

これは進学塾ならではのメリットです。公文式はもともとそういったコンセプトではないですから受験相談などはできないですが、進学塾はそれが目的なので受験相談ができます。

ライバルと切磋琢磨しながらモチベーションを維持しつつ勉強できる(集団塾の場合)

集団塾の場合、ライバルと切磋琢磨しながら勉強ができます。集団塾で働いたことのある人間として、このメリットは非常に大きいと感じています。やはり小・中学生には勉強仲間の存在こそが、彼らを勉強に向かわせる最高のモチベーションとなります。学校以外でそう行った勉強仲間を作るためには、集団塾に通うのが一番なのです。

中学生の進学塾を選ぶコツに関しては、以下の記事をご覧ください。

また、具体的にどの塾がおすすめなのかに関しては、以下の記事をご覧ください。

公文式から進学塾に切り替える時期はいつがいい?転塾時期はいつがベスト?

公文式から進学塾に切り替える時期は、小学6年生の3月が良いですね。

もっと言うと、小学6年生の3月までに高校受験向けの進学塾に入塾しておくのが良いです。

最近は、高校受験をされる小学生向けの大手塾も出てきています。おすすめに関しては以下の記事をご覧ください。

なぜ、小学6年生の3月が良いかと言うと、少6の卒業前の3月から中学1年生の進学塾のカリキュラムが始まるからです。そこから入れば、進学塾の高校受験対策をどっぷりと受けることができるわけですから、万全の準備をもって高校受験に望むことができますね。

ですから、小学生のうちに、進学塾に切り替えることをご検討されると良いかと思います。

中学生の塾に入る時期はいつがいいかについては詳しくは以下の記事もご覧ください。

まとめ

今回は公文式から塾に切り替えるのが普通なのか、について解説しました。

結論としては、小学生が公文式から塾に切り替えるのは少なくなく、切り替える時期は中学生になる前の少6の3月がベスト、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました