中学受験しないで公文式に通う【小学生】メリット・デメリットを解説

小学生の保護者様向け

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人で塾講師をやっています講師Tと申します。

小学生の息子/娘がいて、高校受験を考えてるので中学受験しません。公文式に行かせることを考えているのだけど、公文式のメリット・デメリットを教えて

小学生の息子/娘がいて、小学校からの一貫校に通わせるので、中学受験しないのだけど、公文式に行かせて先取り学習するメリット・デメリットを教えて

このような思いを抱かれている小学生の保護者様も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

この記事を読めば、中学受験をしない小学生が公文式に通うメリット・デメリットがわかります。

早慶卒で大手IT企業の社員を経て、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経て、多くの小学生を指導してきた、そして小学生の時に自身も公文式に通っていた講師Tこと私が解説していきます。

中学受験をしないで公文式に通うメリット・デメリット

高校受験をする場合

中学受験をしないで高校受験を目指して公文式に通うメリットは、自分のペースでどんどん先取り学習して、各学習単元の基礎を身につけることができることです。得意な分野はどんどん進んで学習できますね。また、苦手なところはじっくりと取り組むことができます。

また、楽しく学習できるので、自然と学習習慣が身につき、受験勉強を自分で頑張る土台ができます。

金銭面でも非常に安いですしね。

デメリットは小学生の間は特にないですね。公文式に通わせて思考力が身に付かなくなる、といったことを言われることもありますが、そんなことはないです。ただし、確かに公文式は計算問題や、自力で解ける問題に特化しているので、思考力が身につくような問題が多くはないとは思います。

もし、早い段階から、高校受験に向けて(最近の高校受験は思考力や判断力、プレゼンテーション力が問われる問題も出題される)思考力が身につくような問題を解けるように準備されたいのであれば、そういった高校受験向けの小学生の塾も出てきていますので、以下の記事をご覧になって検討されてみるのも良いかと思います。

また、公文式から高校受験塾への切り替え時期やメリット・デメリットについては以下の記事をご覧ください。

高校受験、大学受験に携わる塾講師として、塾で学習すること以外のことも含めて、小学生のうちにやっておいていただきたいことについて以下の記事で解説していますのでこちらもぜひご覧ください。

大学までエスカレーター式の一貫校の場合

公文式に通うメリットは同じです。基礎的な計算問題や、漢字の問題などに関しては、自分のペースでどんどん学習できるので、得意科目はもっと得意になるし、苦手科目はじっくり取り組むことができます。

スモールステップで無理なく楽しく学習できるので、自然と学習習慣が身につき、これからの激動の世の中を生き抜く自己学習力がつきます。

デメリットはありません。大学受験もなければ、基礎的な分野の学習を公文式でして、後は適度に外遊びをしたり、部活や課外活動をしておけば大丈夫でしょう。

学校の勉強の補強としてさらに勉強をされたい方は、進研ゼミ小学講座で勉強されるのも良いと思います。以下の記事をご覧になって進研ゼミで勉強されることも検討されてみてください。

まとめ

今回は中学受験をせずに公文式に通うメリット・デメリットについて解説しました。

結論としては、中学受験をせずに公文式に通うメリットは自分のペースで基礎的な問題を学習できること、デメリットはほとんどないが、思考力が身につくような問題が少ないということ、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました