レアジョブ英会話の口コミをSNSから集めてTOEIC900超えが吟味してみた

スピーキング対策

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

レアジョブ英会話の口コミが知りたい

レアジョブ英会話って実際どうなの?英語喋れるようになる?

レアジョブ英会話のメリットって何?

レアジョブ英会話のクオリティって実際どう?

こういった思いを持たれている中学生・高校生・社会人の方も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたに向けて記事を書いています。

この記事を読めば、レアジョブの自作自演や嘘ではない口コミ、評判、メリット・デメリットについて全てわかります。

早慶卒で、レアジョブ英会話で英語力を高めて大手IT企業の国際会議でファシリテーションをしまくった後、塾講師をやっているTOEIC900点超えの講師Tこと私が解説していきます。

授業料が安くても質が良いことが特徴のレアジョブ英会話とは?

レアジョブ英会話は、フィリピン人の講師と毎日オンラインで英会話できるオンライン英会話サービスです。

特徴はやはり圧倒的に安いことです。フィリピン人の講師を使い、オンラインでサービスを提供することで、国内の英会話スクールとは比べものにならないほど安い価格でサービスを提供することを実現しています。

かといって、講師の質が悪いかというと、全くそんなことはありません。採用率1%という厳しい採用試験をくぐり抜けた精鋭たちです。その上フィリピンの東大と呼ばれるフィリピン大学の在校生・卒業生が中心です。しかも業界最多の5,000人近くの講師が在籍していますから、あなたと相性がぴったり合う講師が探しやすいですね。

そして、コースが「日常英会話コース」、「ビジネス英会話コース」、「中学生・高校生コース」、というように分かれています。他にもコースはありますが、大きくこの3つです。

毎日レッスンをするコースとそうでないコースがありますが、私は毎日やるコースをおすすめします。やはり毎日英会話をやることで、英会話力向上のスピードが圧倒的に速くなります。また、毎日英会話を安く実現できることが、オンライン英会話レアジョブの最大のメリットであると思います。

レアジョブのレッスンは、毎日朝6時〜深夜1時まで開講していますから、あなたが受けたい時間に受けることができそうですね。忙しい方にも嬉しい設計です。

レアジョブはオンライン英会話業界唯一の上場企業ですから、サービスのクオリティも安心です。

後述しますが、私もレアジョブユーザーとして、レアジョブは完全におすすめです。

レアジョブ英会話の自作自演や嘘ではない口コミをSNSから集めてみた

最後のツイートはレアジョブの社長さんですね。

いかがでしょうか?

効果があった!というツイートが多いですよね。

レアジョブ英会話が向いている人は?メリット・デメリットをレアジョブユーザーでTOEIC900超えの経験者が語る

レアジョブのデメリットは、あなたのモチベーションが低い場合、あまり効果が出ないかもしれないことです。しかし、この点に関しては他の国内の通塾型の英会話教室に通ってみても同じことです。

逆にメリットはやはり、国内にいながらにして、安く毎日英会話ができる環境を作ることができる点です。他の英会話教室はレアジョブに比べると高いですよね。

レアジョブ英会話は、英会話ができるようになりたい人や、英語力を向上させたい全ての人におすすめできます。

また、あなたがどんなレベルであっても、フィリピン人講師があなたに合わせてレッスンをしてくれるので、レベルが合わないことは滅多にないです。

私自身、英会話勉強初期にユーザーだったのですが、レアジョブ英会話で練習して、それを普段の生活で英会話を使う場面(本番)に活かしていました。やはり英会話は実戦の量が大事なので、レアジョブは実戦の量を確保するのに重宝していました。その時の努力のおかげで今でも英語力が高いレベルで維持できています。

英会話を習得するのが早ければ早いほど、その後の人生で英会話を楽しめる時間が増えますし、裏を返せば、英会話を習得するのが遅ければ遅いほど、あなたは英会話を使えないことによって人生を損しています。

英語を話せる人生へのはじめの一歩を踏み出すためにも、まずは以下のリンクから無料体験レッスンを申し込んでみてくださいね。

会員数50万人突破!業界No.1のオンライン英会話 「レアジョブ英会話」

まとめ

今回はレアジョブ英会話の口コミ、評判、メリット・デメリットに関して解説しました。

結論としては、レアジョブ英会話は、英語力を向上させたいモチベーションのある人全てにおすすめです、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました