勉強してるのに成績が上がらない大学受験生にその理由と解決策を早慶卒塾講師が解説

大学受験の勉強法

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人で塾講師をやっています講師Tと申します。

高校生で勉強を頑張っているのに全然成績が上がらない。今回受けた模試でも前回よりも勉強を頑張っていたはずなのになぜか偏差値が落ちた。どうして?

高校生で大学受験に向けて勉強を頑張っているのだけど、成績が全然上がらなくて不安。大学受験はこれでうまくいく?

このような疑問を抱かれている高校生も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

この記事を読めば、あなたの成績が上がらない原因と、成績を上げるための勉強法のコツがわかります。

早慶卒で大手IT企業の会社員を経て、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフという経歴を経て、様々な高校生の大学受験をサポートしてきた講師Tこと私が解説していきます。

今回の記事はワシントン大学やコロラド大学で学習に関する研究をされている勉強法の専門家であり認知心理学者である大学教授の方々が書かれた『使える脳の鍛え方 成功する学習の科学』ピーター・ブラン+ヘンリー・ローディガー+マーク・マクダニエル 依田卓巳訳 NTT出版から一部考えをお借りしています。

(サムネイル:engin akyurtによるPixabayからの画像)

勉強してるのに成績が上がらない大学受験生のパターンいくつか

それでは勉強してるのに成績が上がらない原因について検証していきます。          

そもそも勉強の量が足りない

以下の記事でも解説していますが、現役で名門大学に進学する高校受験生の高校3年間での合計の勉強時間は約4,000時間です。つまり、高1で約3時間、高2で約5時間、高3で約7〜8時間毎日勉強しているイメージです。そもそもこれくらい勉強していなければまず成績は上がらないと思ってください。

勉強のやり方が良くない

それくらい勉強時間を費やしているのになかなか成績が上がらない。というそこのあなた。あなたは勉強のやり方が良くないかもしれません。

そんなあなたに勉強法のコツを解説していきます。

勉強法のコツ一つ目です。教科書やノートを何度も読んだり、マーカーを引いたりするより、実際に問題を解いたり、テストを解いたりする方が学習効果は高い、ということです。

これは、「想起練習」と呼ばれます。

人間は、問題を解こうとして、知識を思い出そうとするときに、記憶がさらに定着します。

ですから、教科書やノートを見て確認する作業と、実際に問題を解いたりする作業の割合を変えてください。3:7くらいの割合がベストだと思います。とにかく問題を実際に解いていくことです。

それでは勉強法のコツ二つ目です。一度学習しただけで自分が学習した知識が身につくと思ってはいけません。何度も間隔をあけて繰り返し学習する中で知識が身についていきます。

ですから、一番良い大学受験の勉強法は、問題がたくさんついている問題集タイプの参考書を買って、その参考書を繰り返しやりこむことです。よく言われていることですが、1つの参考書を3回繰り返しやり通すのが良いですね。

また、以下の記事でも大学受験の勉強法で一番大事な「逆算思考」について触れていますので、こちらもぜひご覧ください。

名門中高一貫校や浪人生たちに負けている(模試の場合)

模擬試験で良い偏差値が取れず、合格判定も良いものが出ない、という場合、高校1年生までに高校3年生までの内容を全て終わらせてしまうような名門中高一貫校の高校生や、すでに一度全てを学習し終えている浪人生たちに負けている、というパターンかもしれません。

彼らの方があなたより先取りで学習しているのですから、これに関しては仕方がないですよね。

模試や学校のテストの成績を気にし過ぎる必要はない理由

模試や学校のテストの成績が悪くても、最終的に大学受験の本番で合格点を取れれば、あなたは晴れて志望大学の大学生になれます。

ですから、あなた以外とあなたとの成績の差を必要以上に気にする必要はありません。

それよりも、あなたがその志望大学の過去問を合格点まで取れるようになるという作業を、実際の志望大学の受験日までに終わらせることができるかどうか、が大事になります。

そこを大学受験勉強の最終目的地に置いて、逆算して計画を立てて、様々な勉強を淡々とこなしていくのです。

それができれば、あなたは合格できます。

毎年ずっと模試でD判定やE判定だった受験生が、それでも志望校に合格していきます。その理由は、そういった受験生が、最後まで諦めず、淡々とやるべきことを最後までやっていくことができたからです。

まとめ

今回は勉強してるのに成績が上がらない大学受験生にその理由と解決のためのコツを解説しました。

結論としては、成績を上げるためのコツを意識して勉強しつつも、そこまで成績が上がらないことを気にせず、大学受験本番に向けて逆算してスケジュールを立てて、コツコツと計画的に勉強していきましょう、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました