TOEFL iBTのライティング対策のコツを早慶卒塾講師が解説

TOEFL iBT

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人の講師Tです。

高校生だけど、TOEFL iBTのライティング対策ってどうやればいいの?

大学生で、TOEFL iBTのライティング対策の本を買ったけど、どう使えばいいかわからない

英作文対策ってどうやってやるの?

社会人だけど、TOEFL iBTのライティング対策を隙間時間でサクッとやりたい

社会人だけど、TOEFL iBTのライティング対策のやり方が知りたい

こういった高校生・大学生・社会人の方は少なくないのではないでしょうか。

今回はそういった方々向けに解説していきます。

この記事を読めば、TOEFL iBTのライティング対策のコツがわかります。

早慶を卒業し、大手IT企業で外国人とのメールや文書のやり取りをたくさん経験し、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経験し、TOEFL iBTは90点台半ばの講師Tこと私が解説していきます。

TOEFL iBTライティング対策のコツと英作文対策のコツはズバリ例文を暗記すること

英作文を作ろう、と思った時に、まずは単語と文法がわかっていないと作れません。また単語と文法がわかっていたとしても、それらの使い方がわかっていないと使えません。

そういったことを考えたときに、まずはよく使い回されるフレーズを丸ごと暗記してしまう、といったやり方が英作文対策、ライティング対策に一番有効な方法です。

まずは基本的なフレーズや、例文を暗記してしまいましょう。

それでは、例文を暗記するためにおすすめの参考書を2つ紹介します。

スピーキング・ライティング攻略のための TOEFL iBTテスト 必修フレージ100』鈴木瑛子著 テイエス企画

こちらの本は英作文初心者の方や、TOEFL iBT対策に特化してライティング対策をされたい方に向いています。フレーズや英文もそこまで長くなく、非常に覚えやすいです。またそういった小手先の例文の話だけでなく、ライティングの段落構成や全体の見せ方の話まで踏み込んでいるので、実際の使い方に関してもよくわかります。

高校生の方でTOEFL iBTを受けて英語外部試験利用入試に使いたい方や、大学生・社会人の方で本格的にTOEFL iBT対策をされたい方におすすめの本です。

英作文基本300選―英語的発想の日本語をヒントにして覚える (駿台受験シリーズ)』飯田 康夫著 駿台文庫

こちらの本は難関大学の二次試験に向けた英作文対策、並びにTOEFL iBTのライティング対策の両方に使える本です。こちらは300選ですので、300本の例文を暗記することができます。レベルも非常に高い例文が厳選されていますので、私自身も塾講師としてよく英作文指導をする時に参照しています。分量も141ページでちょうど良く、何度も何度も使い込んでいくことをお勧めします。

高校生の方にはもちろんお勧めですし、大学生・社会人の方でTOEFL iBTに向けてより踏み込んだ例文を覚えて良質な英作文をされたいといった方にもおすすめです。

例文を暗記したらひたすら書いてアウトプットし、その上添削してもらうとライティング対策は万全

上記の本で実際に例文やパラグラフの構成等のやり方がわかれば、後は実際に書いてみることです。やはり自分が書いてみることでしか向上していきません。

添削は学校の先生や塾の先生にやってもらうのも良いですが、私はやはり英作文の専門家に添削してもらうのが良いと思います。そこでおすすめなのがオンライン英会話のベストティーチャーです。

ストティーチャーはライティングスキルに強いオンライン英会話スクールです。ネイティブが添削してくれますし、レッスンの提供時間も他サービスとは違い24時間365日やっています。ですから忙しい受験生や社会人の方でも、いつでも使いたい時に使えて非常に便利なサービスです。無料体験レッスンもやっているので、まずは無料体験してみてください。

まとめ

今回はTOEFL iBTのライティング対策に関して解説しました。

結論としては、基本例文を覚え、後は実際に書きまくり、英作文のプロであるネイティブ講師に添削してもらいましょう、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました