大学受験は塾なしで独学でも大丈夫?早慶卒塾講師が解説

大学受験の勉強法

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人で塾講師をやっている講師Tと申します。

大学受験って、塾とか予備校に行かなくても独学で合格できる?

大学受験って、塾って必要なくね?

大学受験の勉強って、結局独学で大丈夫なんじゃないの?

このような思いを抱かれている高校生も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

この記事を読めば、大学受験は塾なしでも合格できるのか?独学で勉強するとすればどうすれば合格できるのか?コツは何なのか?全てわかります。

早慶いずれかの学部卒で、大手IT企業の社員を経て、個別指導塾講師/地域の個人塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経て、様々な高校生を指導してきた講師Tこと私が解説していきます。

大学受験は塾なし・予備校なしで独学でもOK/なぜなら自習の時間が圧倒的に必要だから結局塾に行ったところで自習は必要になるから

結論、大学受験は塾なしで独学でも合格できます。

というのも、難関大学合格のために、3年間で約4,000時間も独学しないといけないというデータが出てしまっており(以下の記事参照)、

そのため、塾に行くにしても、結局独学せざるを得ないので、塾に行くことは、あくまでプラスアルファの働きにしかならないからです。

塾に行っても行かなくても自習を頑張らない限り大学受験はうまくいかないという意味では、塾なしでも大学受験は大丈夫、と言えます。

大学受験を塾なしで戦うなら、ゴールはどこ?勉強法のコツは何?

大学受験の勉強法のコツは、どの分野も例題網羅系の問題集を買って、それを覚えてしまい、その問題集を徹底的に極めて例題を全て覚えてしまうことです。

そして、大学受験勉強のゴールは、過去問が解けるようになることです。過去問は、力試しのために解くのではなく、実力をつけるために、典型的な出題パターンを研究して類題を解けるようになるために使います。

ですから、どの科目も、大学受験の勉強法のコツは以下のようになります。

①その科目の基礎知識暗記(英単語や数学の公式など)

②例題網羅系の問題集を買って、徹底的に例題を覚え、全部解けるようにする

③志望校の過去問を解きまくり、解法パターンを覚え、類題をいつでも解けるようにする

この3つが完璧に独学でこなせるのであれば、塾は必要ありません。

基礎知識暗記や例題理解のために、どうしてもわからないところが出てきたら、月額たったの980円(税抜き)だけで5教科4万本の全国トップレベルの神塾講師の神授業がいつでもどこでもスマホから見放題のスタディサプリ高校講座を見ながら疑問を解決すればOKです。

【スタディサプリ】動画授業で苦手を克服

以下の記事をご覧になり、「良さそうだな」と思った高校生のあなたは、まずは無料体験してみましょう。

東進ハイスクールの映像授業や、河合塾や駿台の予備校の授業と、クオリティは変わらないどころか、徹底的に研究されて何回も授業を撮り直した中で最高の授業だけがアップされているため、むしろ授業クオリティはスタサプの方が高いのではないかと思います。

それでも塾に行く意味ももちろんある/大学受験における塾の意味は?

それでも大学受験のために塾に行く意味はあります。以下の4つが大きいと思います。

①他の高校生のレベル感や、モチベーションを知り、自分の勉強のモチベーションを引き出す

②塾で授業を受けることで、集中して授業を受け、受験に本当に大切なポイントを各科目ごとに深く理解することができる

③変わりゆく大学入試の複雑な制度を理解するために、塾のスタッフから様々な情報を得ることができる

④勉強に集中できる自習室が使える

個人的には、自習室の存在がでかいと思います。高校3年間で自習に占める時間は4,000時間ですから、その4,000時間をいかに集中できるかで勝負は決まってきますからね。

やっぱり塾に行ってみたい、と思われた方は、ぜひ以下の記事をご覧になって塾選びをしてみてくださいね。

まとめ

今回は大学受験は塾なしで独学でも大丈夫かどうかについて解説しました。

結論としては、大学受験は独学でも大丈夫、というよりかは、独学できないと逆に厳しいし、難関大学には合格できない、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました