塾なし高校受験に計画表は必要?問題集は何がいい?塾講師が解説

成績が上がる中学生の勉強法全般

アクセスいただきありがとうございます。ブログ管理人で塾講師をやっています講師Tと申します。

中学生の息子/娘がいて、塾なし通信教育なしで高校受験しようと考えているんですが、どのような計画表を立てればいいですか?

中学生の息子/娘がいて、塾なし通信教育なしで高校受験しようと考えているんですが、過去問はどの時期から始めればいいですか?問題集は買った方がいいですか?

このような疑問をお持ちの中学生の保護者様も少なくないのではないでしょうか?

今回はそんなあなたの疑問にお答えします。

この記事を読めば、塾なし高校受験の計画表と、問題集や過去問の使い方がわかり、高校受験成功の確率がアップします。

早慶卒で大手IT企業社員/地域の個人塾講師/個別指導塾講師/大手塾講師/大手塾スタッフを経て、さまざまな企業で中学生を指導してきた講師Tこと私が解説していきます。

(サムネイル画像:Aline DasselによるPixabayからの画像)

塾なし高校受験の必勝計画表【中学生】

塾なしで高校受験に挑まれる中学生のお子様は、計画表を作るか作らないかで高校受験の結果が大きく左右されてしまいます。ですから、絶対に計画表を作って高校受験に挑みましょう。

以下の記事でも解説していますが、

本当の最難関高校(開成/灘/東大寺学園/久留米大附設/東海等)に挑まれる方は、塾なしで高校受験するのはやはり無謀と言えるでしょう。

最難関高校を目指される方には、塾なしで挑むとしてもZ会の通信教育をやっておくことをおすすめしています。最難関高校に挑むにはやはり良質かつ難しい問題で問題演習を積み、添削してもらう経験を積んでおくことが必要だからです。

以下の記事でZ会の通信教育の評判・クチコミを紹介しています。

塾なし高校受験の計画表は、以下の大スケジュールにのっとって作りましょう。

中3の夏休みまで→定期テストの勉強

中3の夏休み→中学3年間の総復習

中3の9月以降→入試レベルの問題演習

中3の夏休みには、総復習系の問題集、参考書を買ってそれぞれを最低でも1回やりきる。中3の夏休み以降は過去問題集や、それに類する問題集を買ってきてどんどん問題を解いていく。

この大スケジュールに沿って小スケジュールを立て、来たる高校受験本番に向けてしっかりと準備を重ねていけば、高校受験に成功できます。

塾なし高校受験で問題集、過去問は必要?何がおすすめ?【中学生】

塾なし高校受験に問題集と過去問は必要です。というよりも必須です。

塾なし高校受験でおすすめの問題集は以下の記事で紹介しています。

そして、過去問題集は、お住いの地域の公立高校の過去問題集と、私立高校の第一志望校の問題集を買って、最低でも5年分、3回以上はやり込みましょう。

塾なしで高校受験をするということは、問題演習量が圧倒的に不足してしまう、ということです。ですから、問題演習量を確保するために、市販の問題集と過去問題集を買って、しっかりと問題演習しましょう。

計画表に基づき、市販の問題集や過去問題集でしっかりと自分で問題演習できれば、塾に行かなくても高校受験に成功できます。

まとめ〜塾なし高校受験は計画表通りに進めれば勝てる!

今回は塾なしで高校受験する場合の計画表と、問題集や過去問題集の使い方について解説しました。

結論としては、塾なしで高校受験する場合、勝てる計画表を立て、その通りに計画を実行していくことが重要、でした。

お役に立てれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました